理事長挨拶

 一般財団法人沖縄県健康づくり財団は、公益法人制度改革関連法の施行に伴い平成26年4月1日をもって新法人としてスタートしました。

 前身の財団法人沖縄県総合保健協会は、平成3年に財団法人結核予防会沖縄県支部、財団法人沖縄県予防医学協会、財団法人沖縄対ガン協会の3団体の組織を統合発足して以来「地域住民の健康増進と福祉の向上に貢献する」を基本理念として掲げ、生活習慣病を主軸とする各種疾病予防のための健診・検査を行う総合保健機関として20年余りに亘り事業を推進してきました。新法人は前身の事業を継承し、さらに発展させ健康長寿の実現と長寿沖縄の復活を願い、精度の高い健診等の実施と健康意識の向上に努め県民の皆様の生涯に亘る総合的な健康づくりを推進して参りたいと存じます。

 新法人定款の趣旨に基づき「沖縄県民の皆様の疾病予防、健康の保持増進、並びにいつまでも若々しく生きるために必要な事業を行い、もって県民の皆様の保健医療及び福祉の向上に寄与すること」を目的として取り組んで参ります。

県民の皆様をはじめ関係各位の皆様方には、今後とも一層のご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

理事長 金城 忠雄

このページのトップへ

トップページ > 沖縄県健康づくり財団について > 理事長挨拶